So-net無料ブログ作成
 谷川真理ハーフマラソン ブログトップ
前の5件 | -

第16回谷川真理ハーフマラソン≪レースレポ≫ [ 谷川真理ハーフマラソン]

平成27年1月11日荒川河川敷で開催された第16回谷川真理ハーフマラソンに参加してきました。
いつからなのか、大会名にハイテクハーフマラソンとも併記されています。

会場はJR赤羽駅から徒歩15分ほどの河川敷の野球場。
参加人数が多いので、会場までの道も込み合います。
会場もごった返してますが、事前にゼッケン、チップを送付してくれているので準備も楽です。
トイレもそれなりに並びますが、数は十分用意してくれています。

スタートは午前9時から2kmのペア。
午前9時20分から3km。
そして、ハーフは、午前10時、10時15分、10時30分のウェーブで、それぞれに上流コースと下流コースがあるので、計6組に分かれてのスタートとなります。
私は、上流コースの第2ウェーブ。

エイドは3ヵ所。水とスポーツドリンクのみ。
ハーフには食べ物ないんだっけ?

天気は晴れ。
河川敷としては珍しく風もなく、フラットなコースなので、PB更新された選手も多かったのではないでしょうか。
私もそれなりに頑張ります。

今日の出来具合からどれくらいの場所に並ぼうか迷ったけど、ほぼ同じくらいのレベルの人達だろうと予想して真ん中ちょっと前くらいに並びました。
スタートロスは約1分。

今日はどれくらいで走れるのかは最初の1~2kmの様子で全体が大体予想がつく。
序盤、混雑ながらも比較的に追い抜いていける感じ。
それほど体は重く感じない。脚に張りも感じない。

最初の1kmはロスを除くとキロ5分を切っている。
よし、今日はキロ5分で行けるところまで頑張ってみよう。
(事前の予想は1時間55分 5分30秒ペース)

上流コースなので、西に向かって走るが、今日は風もなく、いつも気になる向かい風を感じない。
したがって、誰かの後ろに隠れて走る必要もない。
前にスペースが出来ても、ゆっくり差を詰めて追いつけばいい。

今日は、ジェルもBCAA顆粒も持って来ていない。
エイドの飲み物だけ。
最初のエイドではまだのど乾いてないけど、暑さも感じていたので、念のため口に入れておく。

5km 25:33(5:43、4:52、4:57、4:56、5:03)

なんだかんだペースは安定している。
今日の目標ペースを維持できているので、このまま出来るだけキープし続ける。
スタート直後から約10m先に大柄でグリーンシャツの男性が走っている。
まったく、私と同じペース。フォームも良いし、走りも安定している。
よーし、この人に離されないように頑張ろう。

10km 24:38(4:56、4:56、4:51、4:55、4:58) 

普段こんなペースでは全然走ってないのに、ずっと同じペースで走れるのが、自分でも不思議な感じ。。
このペースが体に染みついているとはとても思えないんだけどな。

この分なら、当初予定の1時間55分は大丈夫そう。
このままキープできれば50分も切れるかもしれない、とちょっと欲が出てきた。

どうせ練習の一環として出ているんだから、ビルドアップしてゴールしてみるかな?
2回目の給水を過ぎてから、アームウォマーを下ろして少しペースを上げてみる。
ちょっと頑張ったつもりだけで、なかなかペースは上がらない。
あー、やっぱり、そう簡単にスピードが身につくわけないか。

15km 24:30(4:59、4:50、4:51、4:55、4:54)

結局ペース上げられないまま。
ペーサーのグリーンシャツには一時はあと少しで追いつくところまで行ったものの、
その後はジワジワと引き離され、約30mくらい前に見え隠れしている。

疲れてきた選手をかわしながら、自分のペース維持に必死。

20km 24:48(4:55、5:06、4:56、4:53、4:55

このままだとゴールタイムは1時間45分ジャスト。
どうせならグロスで切りたいと思うが、最後のスパートもかけられず。

ゴール グロス1:45:23 ネット1:44:28(4:52、0:59)

終わってみればビルドアップとはならず、完全なるペース走。
これはこれで収穫ではあった。
正月明けの大会はきついけれど、このタイミングで走る意義はある。
脚にも精神的にも刺激になるし、今の実力を知るうえでもエントリーして良かった。
(走る前はちょっと後悔してた・・・・(笑))

で、今の実力はキロ4分50~5分。
ハーフまではペースをキープできる。
この状態でフルの予想をすると係数2.2で3時間48分。
係数2.15で3時間44分。
次のフルは初コースなので高低差がよく分からないけど、坂がきついという噂もあり、写真タイムを含めてネットで3時間50分くらいかな。
目標高くするなら3時間45分と言いたいところですが、今の体重も考慮するとやはり無理かな。

2014タニマリ2.jpg

次回は、1月25日の館山若潮マラソン。
前泊するし、初めての地なので、なんとなくリゾートマラソンのつもりだったけど、少しは真面目に走る気になってきました。
引き続き、ダイエットで身体を絞っておきます。

最後までご覧いただいて有難うございます。
↓こちらからランニングを楽しむ沢山の仲間のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第16回谷川真理ハーフマラソン≪結果速報≫ [ 谷川真理ハーフマラソン]

本日荒川沿いで開催されました第16回谷川真理ハーフマラソンを走ってきました。

今日の荒川沿いは風が穏やかで、ちょっと気温が高めだったけど、走りやすかったと思います。

この大会には3年ぶりの参加。
ハーフマラソンを真面目に走るのもその3年前のこのタニマリハーフ以来。
10kmとかハーフとかには全く真面目に取り組んできませんでした。
いかに短い距離のタイムに興味が無いのか分かっちゃいますね。
ちなみに、真面目にっていうのは仮装しないでって言う意味です。

今回もこれから参加するフルに向けての刺激入れ的な意味あいで参加しました。

普段はスピード上げて、自分を追い込むような走りは全くといっていいほどやってないので、
こういう大会をフルの前に入れとくことで、少しは一生懸命走らなくちゃいけなくなるのでね。

その狙い通りに、数日前には滅多にしないインターバルなんかやっちゃったりして。
こういう機会が無いと、しっかり走れないダメなランナーです。

そんなんで、タイムを狙っているわけでもなく、好結果は望むべくもない。
ただでさえスピードが無いうえに、年末年始は走ってないので、どれくらいのタイムで走れるのかは、自分でも全く予想できませんでした。
なんたって、久し振りなもんで。

結果としては、キロ5分のイーブンペースで、ゴールタイムは1時間45分。
グロスでは45分ちょっとオーバーかな?
ネットでは45分切ることが出来たと思います。

前回ブログ記事では、1時間55分を目標なんて書いてましたが、
予想を上回る、まずまずのペースで走ることが出来たので、自分でもちょっとびっくりです。
しかも、ほぼ最後までイーブンペースを維持できました。

当初の目論みとしては、スピ練もやったし、それなりに刺激が入った感じで良かったと思います。
次回のフルまでこのままきちんとトレーニング続けられるといいんですが。。。
といっても、フルでのPBを狙うというより、しっかり走って楽しめるようにですけど。

大会の詳細は後日アップ予定です。

ちなみに、タニマリの完走賞のTシャツは、過去のやつも賛否両論あるなか、今回はこれ。
DSC02274 (640x480).jpg

全面真っ赤にピンクパンサー風のブルーパンサー。
思いっきりナイスなポーズしているけど、かわいすぎて、50過ぎのおっさんが着るにはそんなにniceじゃないぞ!

最後までご覧いただいて有難うございます。
↓こちらからランニングを楽しむ沢山の仲間のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第13回谷川真理ハーフマラソン≪レースレポ≫ [ 谷川真理ハーフマラソン]

2012年初っ端のレース。
1月8日(日)開催の谷川真理ハーフマラソンに参戦してきました。
会場はJR赤羽駅から徒歩15分程の荒川沿いの運動公園。

ハーフの他に親子、3Km、さらに一輪車の5Km、10Km、ハーフがあります。

ハーフのコースは荒川沿いを上流、下流の二手に分かれ、それぞれ3組15分毎のウェーブスタートとなります。
計6組に分かれますが、それでも一組1,000人位なのでしょうか?
私は第1ウェーブ上流(A)コース。

事前にゼッケン、チップを郵送してくれるので当日の受付は無し。GOOD!

ゲストランナーが何人かいたようで、今一番人気の市民ランナーの星、川内優輝選手も走っていたようですが、全く見ることさえなかった。(下流コースなのかな?)
谷川真理さんさえ見てませんけどね。

スタートは10時。スタート1時間前に到着。
着替えて、アップして20分前。用を済ませたかったけど、長蛇の列。しかも小の方も。
移動して探しみたけど見当たらず、諦めてスタート位置へ。
ハンデ抱えてしまったけど、いざとなればタイムを犠牲にして、途中の公園のトイレに行こう。

申告タイム順なので、そのグループの前の方へ並びました。
今日の目標はキロ4分40秒のイーブンペース。

スタートロスは大してない。
みんな良いペースでスムースなスタート。
それなりに頑張って走るが、抜かれっぱなし。
向い風なので誰かの後ろに着いて走りたいところですが、ペースが速くてついて行けません。
身体が重たい。
実際に重たいんです。
正月太り、しかも前日に必要も無いのにメチャ喰い。

それでも、2Kmまではなんとかキロ4分38秒を刻んでいる。
しかし、これが限界…。
このペースをあと19Kmも維持するなんてムリ~。

その後も5Kmまでは抜かれる一方で、ズルズルと後退していくが、なんとかキロ4’45を超えることなく耐えて走る。
しかし、6Kmでついにキロ4’49まで落ちる。
このまま落ち込むわけにはいかない。
ここで本日初めて気合が入った感じ。

丁度、ガタイのいい人の後ろにつき、ペーサー兼風よけになってもらい、しばらく並走して体勢を整える。
必死で着いているうちになんとか周りのペースに着いていけるようになり、キロ4’33までペース上げることができた。

しばらく30秒台で走るが、ちょっと油断すると40秒台になってしまう。
距離表示が1Kmごとにあるので、その都度ラップタイムをチェックし、
落ち込みをしたら、すぐに挽回してペースを上げる。

折り返してからは、追い風になるはず。
なんだけど、相変わらず向かい風のような・・・。ウ~ン微妙。
でも、気分的には復路になったことで、気分転換になった。
12Km、13Kmでは4’32。

しかし、ずっとは維持しきれず、相変わらず落ちては、上げての繰り返し。
維持できないのは単純に力不足。
でもまた挽回できるだけましかもしれない。

1時間40分だけは絶対にクリアしようと残り距離で計算。
このまま当初目標ペースを維持すればいけそうと判断。よし、最後まで頑張ろう。
以前だったら、ただ闇雲に走っていて、結局ぎりぎり目標クリア出来ず、ってことが多かったけど、冷静に対応できるようになった気がする。

最後はもう少しペースを上げたかったけど、上げきれずそのままフィニッシュ。
ゴール後すぐに、温かいおしぼりサービスがありサッパリできます。これが最高に嬉しい!

ゴールタイムは、1時間38分54秒でした。
当初目標タイム通り。平均キロペース4’40です。
イーブンペースと言えるかどうかは難しいところですが、
後半、大きく落ち込むことがなかったので、イーブンということにしておきます。

レース終了後にはトークショーや海外大会への出場権の抽選会とかありますが、
JUNさんのように当たるとは到底思えないので、最後まで残ってませんでした。

下流コースは走ったことがないので、詳しく知らないし、比べることができませんが、
このコースは、河川敷の自転車道路を往復ですので、景色が単調ではありますが、
フラットで、道幅も広いので、とても走りやすいです。
上流コースは工事区間が毎年のようにあり、ちょっと走りにくい箇所がありますが、それほどの影響はないと思います。
河川敷での大会なので仕方がないことですが、問題なのは風ですね。
こればっかりはね。

3月には板橋シティマラソンで、再度荒川沿いを走ります。どうか風が吹かないように・・・。

最後まで読んでいただいて有難うございます。
↓ブログランキングに参加しています。心に何か残った方は、是非ココをポチッとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
nice!(9)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

谷川真理ハーフマラソン≪結果速報≫ [ 谷川真理ハーフマラソン]

本日開催された第13回谷川真理ハーフマラソンに出走してきました。

朝方は風もなく、穏やかな気候の快晴で、絶好のマラソン日和[晴れ]
と思ったのも束の間。
スタート時刻になる頃には、やはり河川敷の風[台風]がでてきた。

往路は向かい風を我慢。
しかし、復路では追い風には乗れず[ふらふら]

5Km 23:23
10Km 23:35
15Km 23:04
20Km 23:33
ゴール 1:38:54

5Km毎だとほぼイーブンですが、実は1Km毎だと凸凹なんです。
キロラップ見ながら、落ちては頑張り、頑張ったら落ち、の繰り返し。
よく言えば、よく踏ん張った。

タイム的には、ベストに1分届かず。
しかし、去年のこの大会の記録より1分速いので、なんとか及第点かな。

そろそろハーフでは1時間35分を切りたいところですが、まだまだ遠いなぁ~。

詳細レポは明日お届けします。

最後まで読んでいただいて有難うございます。
↓ブログランキングに参加しています。心に何か残った方は、是非ココをポチッとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
nice!(11)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第12回谷川真理ハーフマラソン≪レースレポート≫ [ 谷川真理ハーフマラソン]

平成23年1月9日、第12回谷川真理ハーフマラソンに行ってきました。

会場はJR赤羽駅から徒歩15分。荒川沿いの野球場。
ハーフマラソンのほか親子マラソン(2km)、3km。そして、最大の特徴は、一輪車の5km、10km、ハーフが同時開催されています。
9時から各カテゴリーごとに順次スタートしますが、ハーフは10時、10時15分、10時30分のウェーブスタート。
しかも、それぞれ上流コースと下流コースがあり、都合6グループに分かれてのスタートです。
事前にナンバーカード、ランナーズチップや荷物預かり札までも送付してくれているので、当日の受付手続きはなく、各自準備が出来たら、それぞれの時間にスタート位置に集合します。

会場にはナイキのブースのほかは飲食ブースくらいだったようです。
更衣室、荷物預かり所もきちんと設置されていて安心してレースに集中できます。
仮設トイレは比較的多めに設置されていて、行列は出来るもののスムースだったようです。
全て利用してないので、はたから見た印象だけですが・・・。

会場では、自転車やトライアスロンのレース番組でお馴染みの白戸太郎さんが元気な声で雰囲気を盛り上げてくれていました。
DSC02100.JPG

さて、私が会場に到着する頃には、すでに一輪車のチビッ子達がスタート位置に並んでいました。
いや、中には大人の人もならんでました。
子供は女の子がほとんどだが、大人は男性ばかりなのが不思議な感じ。
DSC021012.JPG

軽くウォームアップしてから、身支度を整えて、スタート15分くらい前に第1ウェーブの上流コースのスタート位置にならびました。

今日のウェアは、ロングTシャツの下にフラッドラッシュスキンメッシュノースリーブ、ロングタイツの上にショートパンツ。あとは薄手のグローブとキャップ。
風も無く、暖かかったので、少し厚着をしすぎました。
半袖、アームウォーマーでよかったですね。半袖の人も結構いました。
どうも臨機応変なウェア選びが出来ないです。

そして、10時スタート。スタートロスタイムは約1分くらいだったでしょうか。
スタート後も混雑はさほど無くスムーズな走り出しでした。
いきなり自分のペースで走れます。

給水所では計3箇所。アミノバイタルがやや大きめのコップで用意されています。
テーブルの数も多く、長めに設置されていて、ここでも混雑はありません。

天気も良く、終始気持ちよく走ることができ、沿道の応援は無いものの純粋にランを楽しむことが出来ました。

5kmごとのLAPタイム(手元時計)

  • スタート~5km 23:40
  • 5km~10km 23:32(47:13)
  • 10km~15km 23:23(1:10:37)
  • 15km~20km 23:21(1:33:59)
  • 20km~ゴール 5:15(1:39:15)

ゴールタイムは速報で1時間39分58秒。 

自己ベストは出せなかったけれど、最後まで同じペースを維持できたことは収穫です。
平坦なこともあるのかもしれないが、1キロペースでもほぼ4:40のイーブンを維持してました。
このスピードでの持久力は付いてきている感じです。
いつもヘタレなトレーニングばかりしているので、こういうハイペースでの走りはレースオンリーな感じです。
ハーフのレースは、私にとっては絶好(唯一)のペース走のトレーニングになってます。
だって一人じゃ辛くてすぐやめちゃいます。(実際にはやってないですが・・・)
明るい時ならともかく、夜ランでそこまで追い込む気力はないです。

これからは、もう少しスピード能力をあげて、キロペースをあと5秒から10秒上げられないと自己ベストは達成できません。
スピード練習は必須ですね。インターバル頑張ってやってみます。

ゴール後は、名物ホットタオルが全員にサービスされます。
冬のレース後のサービスとしては、最高です。豚汁とかも良いですが・・・・。

表彰式後には、ゴールドコーストマラソンとヨロンマラソンへの招待が当る抽選会がありますが、参加者1万2千人では、当る気もしないので最後のゴールを見守ることもなく、帰らせていただきました。

ハーフとしては大規模な大会で参加者も多いですが、いろいろと選手のことを考えてくれている大会運営で、あらゆる面でスムーズに感じます。
文中にもいろんな工夫やサービスを書きましたが、その他にも、駅からの道にも誘導、大型ゴミ箱設置、人の動線を意識した会場レイアウト、トイレは男性用、女性用、男女兼用、障害者用に区分(分かってない人が多いみたいでしたが)。
こういう工夫が人気の秘密のひとつなんでしょうね。

来年も年明け初レースは、これに決まりです。

最後まで読んでいただいて有難うございます。
↓ブログランキングに参加しています。心に何か残った方は、是非ココをポチッとお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ (ジョギング)・マラソンへ
にほんブログ村


nice!(7)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -  谷川真理ハーフマラソン ブログトップ